前の記事「ドメイン名の決め方 その1 よいドメイン名の4つの条件とは?」からドメイン名はどんな条件を満たすように決めればよいかということについて、書いています。

よいドメイン名の4つの条件について書きました。

では、逆にダメなドメイン名はどんなものでしょうか?

付けてはダメ!なドメイン名とは?

トレンドアフィリエイトをする予定のあなたは必見!

トレンドアフィリエイト(※)をする場合は、トレンドアフィリエイト用のブログだということがわかりやすいドメイン名は、避けた方がよいです。

理由は、Googleがトレンドアフィリエイトをしているブログは検索結果に表示されないようにするということを過去に何度も行っているからです。

折角、一生懸命に記事を書いて、投稿したのに、検索結果に表示されなければ、誰にも見てもらえない。。書く意味がなくなってしまいますよね。


※ トレンドアフィリエイトとは?
一般的には、芸能人、スポーツなど、そのとき旬な話題についての記事を投稿することで、爆発的に増える検索ニーズを捉えて、サイトにアクセスしてもらうというアフィリエイトの手法です。

サイトにアクセスしてもらって、ASPから取得したアフィリエイトリンクでの物販と、Googleアドセンスで収益を得ることが多いです。

ただ、この方法だとアクセス数が爆発的に増えるのは一時的で、話題になってからしばらくすると、そのページへのアクセスは激減してしまうというデメリットがあります。

アフィリエイトにも色々な方法があるので、種類ごとのメリットとデメリットについては、また別の記事を書きますね。

【慎重な方向け】おかしな意味でないかを確認する

アルファベットの名前の場合、おかしな意味の単語になってしまっていないかを確認しておくとよいです。

外国人が身につけている漢字のTシャツなどを日本人が見ると。。ププッ(´m`)てなることってありますよね。

何だか、こう載せていても、サイトの雰囲気に合わなくて、あれですが。。

サイトの名前などが、見る人が見たらおかしいのって、嫌ではありませんか?

気にしない人は気にしないかもしれませんが。。

あなたが一応、確認しておこう派の場合、英語の意味については、アルクのサイトで確認できます。

アルク ALC_English_dictionary

【慎重な上級者向け】商標登録されていないかを確認する

どこかの会社があなたのサイトと同じもので商標を登録されていた場合、URLも競合することになる可能性がありますし、何か問題が起きてしまったら、やっかいです。

あなたはこれから決めようとしているのですから、わざわざリスクがある名前にする必要もないので、念のため商標登録されていないかを確認しておくと安心です。

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」で、特許・実用新案、意匠、商標の簡易検索ができます。

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」を開いて、取得しようとしているドメイン名やサイト名を入力して、[検索]ボタンをクリックします。
J-PlatPat 特許・実用新案、意匠、商標の簡易検索

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)

【慎重な上級者向け】怪しいドメインでないかを確認!

ドメインを取得する前に、取得しようと思っているドメイン名が過去に使われていたか、どんな風に使われていたかを調べた方が安心です。

理由は、そのドメインが検索エンジンで上位表示されないブラックリストに登録されてしまっていることがあり、登録されてしまっていると、そのドメインでメールを配信するときに問題が起きる可能性があるからです。

次の手順で調べます。

  1. 過去にそのドメインが使われていたことがあるかどうかを調べる
  2. ブラックリストに登録されているかを確認する

過去に使われていたことがあるかどうかを調べる

ドメイン名の過去の履歴は、「Internet Archive Wayback Machine」で確認できます。

Internet Archive Wayback Machineでドメインの使用履歴を確認する

過去に使われていたことがわかれば、ブラックリストに登録されていないかどうかを次のサイトで確認します。

ブラックリストに登録されているかを確認する

MGTというオンラインチェックツールのサイトを開いて、調べたいドメイン名を入力して、[チェック]ボタンをクリックします。

http://mgt.jp/t/black#

すると、下のように結果が表示されます。

ドメインがブラックリストに登録されていないかを簡単に確認する

保存