ASPの対応状況は?【11月13日追記】

ASP 対応状況 サイトでの対応が必要か
アクセストレード ITPの影響を受けない方式での広告計測に対応済み 不要
A8.net ITPの影響を受けない方式での広告計測に対応済み 不要
バリューコマース Cookieに依存しない技術を導入することで、対応ができるように 不要
afb Cookieに依存しない技術を導入することで、対応ができるように 不要
felmat ITPの影響を受けない方式での広告計測に対応済み 不要
レントラックス ITPの影響を受けない方式での広告計測に対応済み 不要
アフィリエイトオーシャン ほぼ問題ないことを確認済み 不要
マネートラック 主要な広告主はITPの影響を受けない方式での広告計測。その他の広告は順次対応中 不要

アクセストレードのITPへの対応状況

アフィリエイトのアクセストレード

アクセストレードは、Cookieの仕組みを少し変更して、ITPの影響を受けない方式での広告計測ができるようにしたそうです。

アクセストレードでは、サードパーティのCookieではなくファーストパーティのCookieによる、
ITPの影響を受けない方式での広告計測に対応しました。

広告プログラムの遷移先となるランディングページ及びコンバージョンページに
専用のタグを新たに設置することで、 Safari 11.0以降のブラウザにおいても、
これまで通りの広告の配信・効果計測が可能となります。

本機能は、アクセストレードの広告プログラムに順次提供を行う予定です。

引用元:アクセストレード
最新Safariブラウザのトラッキング防止機能(ITP)のお知らせ

今後、対応した広告プログラムが提供されてくるので、アフィリエイターのサイトでリンクコードを変更するなどの対応は不要です。

A8.netのITPへの対応状況

A8.netのサイトでは、次のように説明されています。

A8.netは第三者CookieではなくファーストパーティのCookieによる、
ITPの影響を受けない方式でのトラッキングに対応済みです。

ITPに対応したトラッキングタグについては、
A8.netのアフィリエイトプログラムに順次提供を行う予定です。

※広告主様側で新しいトラッキングタグへの変更を順次行って頂いております。
※メディア会員様側でリンク等の変更対応は不要です。
2018年3月末目処に提供中の広告全てへ案内を完了する予定となります。
※対応済みのアフィリエイトプログラムについては「対応済みアイコン」の掲示を予定しております。

引用元:A8.net
Safari11以降に追加された機能(ITP)への対応について

A8.netもアクセストレードと同様、サードパーティのCookieではなく、ファーストパーティのCookieにしたそうです
(サードパーティ、ファーストパーティという用語を知らない方は、気にしなくて大丈夫です)。

A8.netも、今後、対応した広告プログラムが提供されてくるので、アフィリエイターのサイトでリンクコードを変更するなどの対応は不要です。

A8.netのITPへの対応状況 続報【11月13日追記】

A8.netから影響の見込みについて連絡をいただきましたので、下の記事を追加しました。

iOS 11 Safariの新機能ITP A8.netの対応【11月13日続報あり】

バリューコマースのITPへの対応状況

従来のCookieによるトラッキングに加え、Cookieに依存しないデバイス推定技術によるトラッキングを導入することで、ITPやその他Cookie利用制限によるコンバージョントラッキングへの影響を最小限におさえることができるようになりました。
※広告主様に現在ご使用いただいておりますコンバージョントラッキング用のイメージタグを、あたらしいJSタグに入れ替えていただく必要があります。

引用元:バリューコマース
バリューコマース アフィリエイト、デバイス推定技術を用いたトラッキングを提供開始

コンバージョンを正しく追跡するためには、広告主の方での対応が必要とのこと。

こちらもサイトを制作する側での対応は現在、不要ですが、広告の対応はこれからなので、注意が必要です。

afb(アフィリエイトB)のITPへの対応状況

カンファレンスバナー

afb(アフィリエイトB)については、次のお知らせがありました。

パートナー様側で特にご対応頂く必要はございません。

afbでは現在、従来のCookieによるトラッキングに加え
Cookieに依存しない技術によるトラッキング方法をすでに提供しており
順次プロモーションに実装しています。

これによりApple社が提供するiOS11・macOS High Sierraに搭載されている
ITP(Intelligent Tracking Prevention)機能などのように
トラッキングを目的とするCookieの利用に制限がかかる場合でもトラッキングが可能です。

また、今後を見据え、更にトラッキングを向上させるために
ITPの影響を受けないファーストパーティCookieでのトラッキング方式も
あわせて提供して参ります。

今後もafbでは、様々な外部要因に対し対応できるよう
トラッキングシステムの向上に努めて参ります。

afbもサイト制作側での対応は不要。

順次、対応されるということです。

felmatのITPへの対応状況

felmatではサードパーティCookieとは別に、ファーストパーティCookieによるITPの影響を最小限に抑えるトラッキングタグの提供を開始いたしました。
ITPに対応したタグの設置については、アフィリエイトプログラムに順次提供を行う予定です。
尚、パートナーサイト様側でリンクコードの変更対応は必要ございません。

レントラックスのITPへの対応状況

アクセストレード、A8.netなどと同様、ファーストパーティCookieを設定しているため、影響なし。

アフィリエイトオーシャンのITPへの対応状況

ほぼ問題ないことを確認済み。

マネートラックのITPへの対応状況


マネートラック

Apple社のSafari11以降の最新ブラウザでは、
トラッキング防止機能(ITP)が追加されておりますが、
マネートラックASPでは、対応を行っています。

ITPはサードパーティのCookieによるトラッキングを制限しますが、
弊社の主要広告主様は、ファーストパーティのCookieによる
トラッキングコードを予め採用している為、広告の効果計測に影響はございません。

上記以外のトラッキングコードを利用している広告主様には、
順次切替の依頼を行わせて頂いております。

なおアフィリエイター様のサイトでは、リンク等のご変更は不要です。

主要な広告主はファーストパーティのCookieを使用しており、ファーストパーティのCookieでない広告主の広告は、順次切り替えられるとのこと。

ファーストパーティ、サードパーティとは?

アクセストレード、A8.netなどは、次のような説明がありました。

サードパーティのCookieではなくファーストパーティのCookieによる、
ITPの影響を受けない方式での広告計測に対応しました。

ファーストパーティ、サードパーティとは何でしょう?

ファーストパーティというのは、「当事者」という意味で、一般的に製品・サービスを提供する当事者を指します。

これに対して、サードパーティというのは、ある会社の製品と連携する製品を提供する他社(第三者)です。

ファーストパーティ、サードパーティのCookieとは?

Cookieについて話す場合、

ファーストパーティCookieは、ユーザーが指定したドメインで指定されたCookie

サードパーティCookieは、広告などの(ユーザーが指定したわけではないけれども表示される)コンテンツを持つ、第三者のドメインで指定されたCookie

ということになります。

ファーストパーティCookie、サードパーティCookieとは?

具体例を見てみましょう。

ファーストパーティCookie、サードパーティCookieとは?

赤枠で囲った部分は、ファーストパーティー。ユーザーが指定したドメイン(Yahoo)のコンテンツです。

青枠で囲った部分は、サードパーティ。ユーザーが指定したドメインとは異なるドメイン(この場合サントリー)から読み込まれたコンテンツです。

このどちらの部分から設定されたCookieかによって、ファーストパーティCookie、サードパーティCookieと呼ばれます。

この記事も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

この記事について、不正確だと思われるところがありましたら、随時更新いたしますので、ご連絡いただけましたら大変ありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

iOS 11 Safariの新機能「ITP」でアフィリエイターに大ダメージ?【11月11日追記 Cookieが初心者でもわかる】

iOS 11 Safariの新機能ITP A8.netの対応【11月13日続報あり】

また、お役に立てたところがありましたら、どうぞ応援クリックをよろしくお願いします m(_ _)m


人気ブログランキングへ☆

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ