iOS 11 Safariの新機能ITPについて、以前「iOS 11 Safariの新機能「ITP」でアフィリエイターに大ダメージ?【11月11日追記 Cookieが初心者でもわかる】」と「iOS 11 Safariの新機能ITP ASPごとの対応【サイト側で対応必要?】」に書きました。

A8.netから影響の見込みについて連絡をいただきましたので、投稿します。

<A8.netで想定される影響範囲について>
現時点でiOS11のインストール率は約60%程度と認識しております。
iPhoneXの出荷もはじまり今後さらにインストールが進むことは
間違いないと思いますが、2018年1月~3月あたりでその数値の
急激な変化は落ち着くのではないかと考えています。

現時点ではまだ不明な点が多く、影響範囲も定かではありませんが、

・全iPhoneユーザーがiOS11を利用している
・かつ、Safari11のITP(サイト超えトラッキングを防ぐ)がオンの状態である

ことを前提にして、最大の影響範囲を考察いたしました。
PC版のSafariは比率が低い為除外しております。

1)iOS経由の成果発生はA8.net全体の約36%
2)ITPにより「一部」トラッキングができなくなる成果は、
クリックから成果発生までの間に24時間以上経過している場合で、
その成果の比率はA8.net全体の約27%

これらを考慮すると、

・36%×27%=9.72%

となり最大約10%の発生成果報酬がITPの影響を受ける可能性があります。
※24時間以降の成果比率はあくまで平均値で取扱サービスまたは商品、
 あるいは広告素材により大きく異なります。

現実にはあり得ない設定ではありますが、
あくまでも最大の影響範囲としてご理解いただければと思います。

またITPの機能は、各広告会社の計測タグがアップルの機械学習機能で判別される為
ブラックボックスであり、端末毎に条件が異なっているのではないかという認識です。
(オンであっても、どの端末が計測できているか・いないかは不明な状態です)

<ITP機能への対応について>
前回のメール(http://www.a8.net/blog/?p=18778)でお知らせしました通り、
既にA8.netではITP対応のトラッキング方式の提供を開始しており、
今後新規でスタートするプログラムも含め、
2018年3月を目処に全て完了したいと考えております。

対応済みのプログラムについては
11月21日頃を目処に「ITP対応済みアイコン」の掲示を予定しております。

最大10%の報酬がITPの影響を受ける可能性があるということで、

報酬のほとんどではありません。

今後A8.netでも「ITP対応済みアイコン」を付けることで、ITP対応済みかどうかを識別できるようになるとのこと。

できればITP済みのものを取り上げるようにしようと思います。

関連記事

iOS 11 Safariの新機能「ITP」でアフィリエイターに大ダメージ?【11月11日追記 Cookieが初心者でもわかる】

iOS 11 Safariの新機能ITP ASPごとの対応【サイト側で対応必要?11月13日追記】